輝くあなたの舞台裏をサポートします。レンタルサロン グラマラス...

レンタルサロン【グラマラスエイチ麻布広尾は、ハイクラスな街広尾と、圧倒的に魅力的なお部屋と、レセプショニストによる細やかなサポートで、ゲストに「また来たい」と言われるレンタルサロンです。会員制のため安全安心と細やかな対応をお喜びいただいております。

【プライベートスペース・プラン】11月5席空きあり!
(【フリーアドレス・プラン】は若干の空きあります)

最新情報

8月25日付の「週刊ビル経営」に掲載されました

皆様には日頃より弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度、8月25日付の「週刊ビル経営」に【GLAMOROUS H 麻布広尾】が掲載される運びとなりました。

「週刊ビル経営」とは、ビル経営に関するあらゆる情報が満載の新聞です。

【週間ビル経営のWEBサイト】
http://biru-mall.com/

※以下、抜粋になります。

社会進出を後押し 女性支援施設特集

少子高齢化の影響で日本の生産年齢人口は減少の一途を辿り女性の社会進出に注目が集まっている。日本での女性の就業率は低いが、近年では女性が働きやすい環境の整備や就業・起業支援を行うための動きも出てきている。ビル経営に置いても女性をターゲットにしたレンタルオフィスやコワーキングスペースなどを設置する建物が増加してきている。現状としてどのような女性支援施設があるのか事例を紹介する。

内装デザインにこだわり居心地の良い空間を提供

 少子高齢化の影響で日本の生産年齢人口は減少の一途を辿りGDPも減少傾向にある。年金などの社会保障費は増加し、税収・保険料収入は減少、消費も落ち込んでいく。働き手の減少は日本経済にとって大きな痛手となる。この問題を解決する1つの手段として女性の社会進出に注目が集まっている。
 女性の社会的な進出に関心が寄せられているとは言え、欧米諸外国と比較したときに日本の女性の就業率は低い。平成22年に行われた国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」によると、出産や子育てを機に職場を退職する女性は6割以上にも上っている。さらに、退職者の4分の1は継続の意欲はあるが仕事と育児の両立が困難だという理由で退職を決めたという結果が出ている。また、出産後に職場に復帰することも困難だというデータもある。
 近年では女性が働きやすい環境の整備や就業・起業支援を行うために行政や企業が女性起業支援ルームの配置やセミナーなどを開催するなど多方面から女性の雇用促進をサポートする動きも出てきている。ビル経営においても女性をターゲットにしたレンタルオフィスやコワーキングスペースなどを設置する建物が少しずつではあるが増えてきている。オフィスや事務所を区切りただ場所を貸し出すというスペースもあるが、M2.F(東京都文京区)とホライズンキャピタルパートナーズ(東京都港区)は入居者に居心地の良い空間を提供するために内装デザインにこだわりメンバーの満足度を高めている。
ホライズンキャピタルパートナーズは広尾エリアで洗練された落ち着きのある大人のレンタルオフィス「GLAMOROUS H」を運営している。エステやネイルに利用できるレンタルサロンを設置したことで美容系施設の独立開業を目指す女性が主な会員となっている。
 代表取締役CEOの山田竜司氏は「オフィス然としている場所が悪いというわけではありませんが、顧客を呼びたいと思えるような居心地の良い場所を提供するために内装はとても大事にしています。居心地の悪い場所では長居をしたいという気分にはならないと思いますし、商談が盛り上がらずビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。清掃や雰囲気作りを徹底して見えない部分に気を配って会員をサポートしています」と語る。
 M2.Fは本郷エリアで女性専用のコワーキングスペース「Albo」を運営している。代表取締役の寺本眞子氏は「私自身が結婚前後や出産後も仕事を続けており女性が夢やキャリアを諦めずに仕事と子育てを両立させる大変さを実感しておりました。フリーランスの方や起業しているけれど自宅で作業を行っている方などが事務所を持って会社を起こすには資金がかかります。女性支援というコンセプトを打ち出して一歩を踏み出せない方に低価格で場所を貸し出しています。場所を区切ったようなオフィスではなく皆で使うことのできるスペースにすることで会員同士がコミュニケーションをとることができるように気をつかっています。懇親会やイベントなども開催し会員が情報交換を行いながら仕事を作り出していくことを目標としています」と語る。
 「Albo」も「GLAMOROUS H」も空室を活用して何かできないかというところから運営が行われ入居者も順調に増加している。女性支援のニーズを捉えた設備を設置することでビル経営にもメリットが生まれるのではないだろうか。

レンタルサロン設置で女性に好評

ホライズンキャピタルパートナーズ代表取締役CEO 山田竜司氏

当社は広尾エリアで洗練された落ち着きのある大人のレンタルオフィス「GLAMOROUS H」を運営しております。当ビルをM&Aで取得した際に空室であった4、5階部分で何ができないかと考え平成25年7月にシェアオフィスをオープンさせました。設立当初はビジネスマンやIT系の企業をターゲットにしており女性はある程度入会してくれればと考えていましたが、エステやネイルに利用できるレンタルサロンを設置したことが功を奏し美容系施設の開業を目指す女性が自然と集まってきました。男性の会員も当然おりますが、会員の7割は女性でメイクやエステを行う美容関係の方に好評いただいております。ラウンジやフロアを活用することでカウンセリングをゆっくりと行い施術に移るという流れ作ることができるため価格を落とさずに満足度の高いサービスを提供することが可能です。広尾エリアは都心と比べて利便性が良くないためサロンを運営するにはどうだろうと心配しておりましたが、高級感というブランドやニーズと相まって多くの女性に支持していただいております。近年は女性の社会進出が進み女性をターゲットにした施設が少しずつ増えてきていますがオフィス然としている場所が多いように感じています。「GLAMOROUS H」はグレーの床と白壁でオフィス感を打ち出しているスペースとはコンセプトが異なり、内装や雰囲気づくりにこだわり会員が顧客を呼びたいと思えるような居心地の良い場所を提供することを心がけております。ただ場所を貸しているだけではなく、何かありましたら相談してくださいというように会員とコミュニケーションを図り利用者のニーズにも素早く対応しております。今後も会員をバックアップしながら運営を行っていこうと考えております。

  • 2014年09月8日